フケ顔撃退!ほうれい線化粧品ラボ

根本的に改善するには化粧品の見直しから!ほうれい線対策のすべて

サイトマップ

HOME » なぜできる?ほうれい線の原因と対策ガイド » ほうれい線ができる原因とは?

ほうれい線ができる原因とは?

ほうれい線ができる原因と対策のなかでも、ここれはまず原因について少しくわしくみていきましょう。

たるみ=ほうれい線の恐怖

ほうれい線――。

なんど聞いてもウ(鬱)ッつりしてしまう言葉です。とくに、30代に足を踏み入れた女性は耳にしたくないフレーズでしょう(わたしのように40に片足をツッコもうかという年齢となると、もう聞くだけで気絶したくなります)。

そんなウツウツほうれい線はどうしてできてしまうのでしょうか。

ほうれい線を生み出す「たるみ」の原因とは

恐怖のほうれい線を生み出すその原因は、こちらも思わず耳をふさぎたくなるフレーズですが、「たるみ」です。

たるみは、紫外線の影響をうけたり年齢をかさねたりすることによって真皮層が変性してしまい、お肌のハリ・弾力を維持できなくなることで起こります。

言うまでもなく、紫外線はお肌の大敵。コラーゲンやエラスチンをたくわえ、お肌の弾力を生み出している真皮に悪影響を与え、これらを減少・変性させてしまうのです。

コラーゲン・エラスチンを失った真皮は弾力がなくなり、ハリのある皮膚の基礎土台は崩壊。

自重を支えきれなくなった皮膚はやがて垂れ下がり、たるみとなってしまいます。

加齢によるたるみも理屈はおなじ。加齢でコラーゲンなどが減ると、網の目状に張りめぐらされた線維が弱ってしまい、たるみが生まれてしまうのです。

最近では若い人でもほうれい線に悩む人が増えてきていますが、それはお肌が乾燥することで八の字のシワが顕在化してしまうことが原因。こちらもたるみの一種で、初期症状と考えていいでしょう。

ですから、乾燥肌体質の人はよりほうれい線に注意・ケアする必要があります。

生活習慣もほうれい線の一因に

紫外線・加齢など、不可抗力的な要因でほうれい線は生まれてしまいますが、しかし、原因はそれだけではありません。

ほかにもほうれい線が口もとに刻まれてしまう原因はあるのです。

とくに気をつけたいのが脂肪。

皮下脂肪が厚くなるとどうなるでしょう?言うまでもありませんよね。皮膚が脂肪を支えきれず、お肌はたるん、と、たるんでしまいます。つまり、脂肪分の摂り過ぎはNGです。

ほほの筋肉が少ない、やわらかほっぺの人はよりほほが落ちやすいのでより注意してください。

意外なところにも要因が

また、たびたびダイエットを繰り返すのもやめたほうがいいでしょう。

伸びたり縮んだりを繰り返すことでお肌がたるみ、ほうれい線が深くなってしまう危険性があります。

それから、意外なところで注意したいのが、表情。

いつもおなじような表情でいると、顔の表情筋が硬直し、形状記憶状態に。表情筋を使わないことで筋力も衰え、口もとがたるみやすくなってしまいます。

なるべく硬い者を食べたり噛む回数を増やす、家庭・職場・プライベートで会話する機会を増やす(難しいなら最悪、独り言!)など、極力、顔の筋力を衰えさえないようにしましょう。

食事や日常会話など、ライフスタイルや生活習慣もほうれい線の一因となるのです。

ほうれい線に効く!効果の高いオススメ化粧品はこちら