フケ顔撃退!ほうれい線化粧品ラボ

根本的に改善するには化粧品の見直しから!ほうれい線対策のすべて

サイトマップ

HOME » なぜできる?ほうれい線の原因と対策ガイド

なぜできる?ほうれい線の原因と対策ガイド

フケ顔のメインキャストともいえるほうれい線。しっかりと対策、正しくケアするためには原因を知らなければいけません。

そこで、ここではほうれい線ができてしまう原因とその対策についてまとめていきましょう。

なぜできる?ほうれい線の原因と対策ガイド

原因はコレ!ほうれい線ができるワケ

ほうれい線ができてしまう最大の要因、それは「たるみ」。

人間、誰しも年を重ねれば重ねるほど、顔のお肌はたるんでしまいます。たるんだ皮膚はほほから口もとにかけてシワを刻み、ほうれい線となって顕在化してしまうのです。

つまり、加齢≠ほうれい線と考えても差し支えはないでしょう。

ですが、ほうれい線の原因は加齢によるものだけとは限りません。

乾燥、血行不良、紫外線、食生活、生活習慣、肩こり・首のこり、目の疲れなど、いたるところにほうれい線となる伏線があります。

たとえば、慢性的な肩こりをわずらっていると、リンパや血のめぐりが悪化。頭部や顔にリンパ・血がたまってしまい、むくみとなってしまいます。顔がむくむと、その重みで顔の皮膚は全体的に垂れ下がり、ほうれい線を目立たせてしまうことに。

また、「やわらかいものばかり食べている」「噛む回数が少ない」「食事の回数自体が少ない」といった食生活では、ほほやあごの筋肉が衰えてしまい、皮膚を支える力が弱くなってほうれい線を生んでしまいます。

血管を収縮させたり新陳代謝を低下させたりするニコチンが含まれているタバコも、ほうれい線対策では禁物。

【ほうれい線のおもな原因】・たるみ・乾燥・目の疲れ・肩こり・血行不良・紫外線・食生活・生活習慣・喫煙

乾燥は最大の敵!

しかし、とくに注意したいのは「乾燥」です。

皮膚が乾燥してしまうと、お肌のなかの水分も喪失。すると、弾力やハリがなくなるために、たるみが生まれてしまいます。

ですから、お肌の保水力をいかにキープできるかが、ほうれい線対策の重要なポイントだといえるでしょう。

毎日のケアこそ、ほうれい線を防ぐもっとも大切なファクターであり、化粧品選びもないがしろにはできないんです。

用法・容量を守らず間違った使い方をするのはもちろん、ほうれい線対策としては十分でない成分構成の化粧品を使っていては、いつまでたってもほうれい線の呪縛からは解き放たれません。

おすすめなのは、天然保湿成分であるセラミドやアミノ酸などが多く含まれているもの。

さらに、「オールインワンで塗るだけでOK」など、使い方が手軽なものなら長く続けられるのでより効果が期待できます。これ、意外と重要です。

いろいろラインナップをそろえないといけない化粧品て、なかなか長続きしないんです(…わたしだけでしょうか)。

効果的に美容成分をとり入れられる化粧品であれば、毎日使っているだけでほうれい線を寄せつけないでしょう。

icon「ほうれい線に効くオススメ化粧品Pick up!」をチェック>>

そのあたりについても、ほんとうに効果的なほうれい線化粧品はどれなのかも実証してみました。

わたしの個人的なパースペクティブではありますが、そちらもあわせて参考にしてみてください。

icon【実証】手軽で効果的なほうれい線化粧品はどれ?>>

ほうれい線の原因の対策をよりくわしくチェック

≪ほうれい線ができる原因とは?≫ほうれい線ができてしまう原因についてもう少し突っ込んで調べてみました。たるみができるとどうしてほうれい線ができてしまうのか、たるみはどうしてできてしまうのか、などについて解説しています。また、ほうれい線を招いてしまう気をつけたい生活習慣、表情筋・筋肉とほうれい線の関係などについても紹介しています。
≪ほうれい線対策集その1.化粧品≫たるみや乾燥とほうれい線との関係、それをケアするための化粧品についてまとめてみました。ほうれい線対策で選びたい保湿化粧品の成分や、洗顔・クレンジングと保湿とのかねあいなどもリサーチ。天然保湿成分配合の化粧品の重要性なども紹介しています。
≪ほうれい線対策集その2.マッサージ≫表情筋とほうれい線のかかわりについてより詳細にチェック。あわせて、いますぐできるほうれい線対策で使えるツボについても解説しています。「ツボ押しめんどくさっ」という方のために、10秒でできるかんたんお手軽表情筋エクササイズもご紹介。
≪ほうれい線対策集その3.食事&生活習慣≫日常生活にひそむ、ほうれい線の要因についてもお教えしましょう。食事面で摂取を避けるべき成分や気をつけたい点、ほうれい線対策として反対に積極的に摂りたい成分、食品などを紹介しています。喫煙や呼吸、目の疲れ、寝相などでの注意点もあわせて取り上げてみました。
≪【特集】若いのにほうれい線が!?≫実は、最近、10代、20代の若さでほうれい線に悩む女性が急増中です。特集として、そんな若いのにほうれい線ができてしまう原因について探求してみました。先天的な原因、後天的な原因をはじめ、最大の要因とはなんなのかについて調べてみましたので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

ほうれい線に効く!効果の高いオススメ化粧品はこちら