ほうれい線化粧品おすすめ20選!ほうれい線化粧品ナビ

根本的に改善するには化粧品の見直しから!ほうれい線対策のすべて

TOP(20170412複製) サイトマップ

フラーレン

ここでは、アンチエイジング成分のなかでもほうれい線対策として期待できる、「フラーレン」についてみていきたいと思います。

その存在がノーベル賞もののフラーレン

フラーレン最近、さまざまなメディアで紹介されることも多い、フラーレン。

元素的には炭素だけで構成される物質で、これはダイヤモンドと同じです。

ハロルド・クロトー、リチャード・スモーリー、ロバート・カールの3人の化学者によって、1985年に発見されました(その後、このお三方はフラーレン発見の功績を評価され1996年度にノーベル化学賞を受賞)。

フラーレンの驚きの抗酸化力 

フラーレンの最大の特徴は、強い抗酸化力にあります。

老化のもっとも大きな要因は、活性酸素による細胞の酸化です。細胞が酸化すれば、当然、お肌も酸化。

すると保湿力はみるみるうちに衰退化し、たるみが生まれてしまいます。お肌がたるめば、それはもうほうれい線の誕生です。

フラーレンはビタミンCの172倍ともいわれる抗酸化力で、からだのなかの活性酸素を一掃。

メラニンの生成を阻害し、しみも防いでくれる頼もしい存在といえます。

しかも、低刺激でからだへの負担もないため、フラーレンは発見以降、化粧品などアンチエイジング関連で一躍ときの人(?)となりました。

抗酸化力だけでないフラーレンの実力 

また、コラーゲンを生成する能力にもたけており、それはプラセンタの800倍といわれています。活性酸素をやっつけるだけでなく、お肌のハリ・弾力をキープする力そのものもあるということです。

こりゃ、発見者がノーベル賞をとるわけですわな。

すごいぞ、フラーレン。

フラーレン化粧品選びのポイント

これだけのポテンシャルをもつフラーレンですから、化粧品メーカーも放ってはおきません。

各社から数多くのフラーレン化粧品が市販されています。

それだけに、いざフラーレン化粧品を選びとなると迷ってしまうもの。いったいどれがほうれい線にいいのかわかりませんよね?

おすすめのフラーレン配合化粧品 

ひとつの目安となるのが、配合しているフラーレンが「水溶性フラーレン」であるか「脂溶性フラーレン」であるか、それとも…。

フラーレンには品質保証の基準として、水溶性フラーレン配合と脂溶性フラーレン配合、もしくは両方を配合しているという3パターンの表示されています。

わたしたちのお肌は当然のことながら、水分だけでなく油脂分も含んでいますから、より効果が期待できるのは両方を配合しているもの。

個人個人のテスクチャなどもありますから、どうしても「使用感がイヤ」という場合は別にして、水溶性・脂溶性両方を配合したものを選ぶのがポイントだといえるでしょう。

ほうれい線に効く!効果の高いオススメ化粧品はこちら