ほうれい線化粧品おすすめ20選!ほうれい線化粧品ナビ

根本的に改善するには化粧品の見直しから!ほうれい線対策のすべて

TOP(20170412複製) サイトマップ

セラミド

ほうれい線対策で活躍が期待できる成分のうち、このページでは「セラミド」について紹介していきましょう。

セラミドがほうれい線対策にいいわけ

セラミド。ヒアルロン酸、プラセンタなどと比べると、ほうれい線対策の成分としてはややマイナーなイメージがあるかもしれません。

ですが、乾燥に効果的な成分としてセラミドをご存じの方も多いのではないでしょうか。

乾燥に効果的なセラミド、ということは 

セラミドそう、乾燥です。乾燥はたるみ、ほうれい線の大敵。その乾燥に効果的であるということは、ズバリ、ほうれい線対策としても効果的な成分だということなんです。

しかも、分子量の大きいヒアルロン酸やコラーゲンがお肌の奥にまで浸透することが難しいのに対し、セラミドは角質層に存在する成分。

つまり、お肌の表層の保湿成分であるため、サッと表面に塗るだけでス~っと浸透してくれるんです。

そのぶん、セラミドの化粧品・化粧水は保湿効果が高く、お肌のいちばん外側で効果的に乾燥から守ってくれるすぐれものというわけ。

このセラミド特有のはたらきは、まさにバリアのような役割なので「肌バリア機能」ともいわれています。

アンチエイジングにも効力発揮のセラミド

セラミドのすてきなパワーをご理解していただいたところで、もう少し突き詰めてみていきましょう。

セラミドはスフィンゴ脂質やセレブロシドともいわれ、天然のものは、牛や馬などの動物の脳・脊髄から抽出したものです。

角質層にある細胞間脂質の40~65%を占めています。

刺激物を跳ね返す皮脂膜が1次バリアだとすると、セラミドは2次バリア。2次バリアのお仕事は、1次バリアが破られたさいのカバーリングのほか、お肌の内側から水分が抜けていくのを防ぐ役割もあります。

また、不溶性の成分なので水に溶けません。まさに、お肌の保護の保湿・保水力キープには最適な成分だといえるでしょう。

セラミド不足が及ぼす悪影響 

逆にいえば、このセラミドが不足してしまうと、それは即、乾燥肌となることを指します。

加齢のほか、間違ったスキンケア、偏食やストレス、睡眠不足、喫煙などの生活習慣などが原因で、1次バリアである皮脂・角質がダメージをおっても回復が追いつかなくなると、セラミドの生成も間に合わなくなります。

すると、お肌の乾燥はどんどんすすみ、やがてシワ、たるみ、ほうれい線となって顔にあらわれてしまうのです。

そうならないためにも、セラミド含有の化粧品で毎日ケアしていくことが、ほうれい線対策として有効。

とくに、動物由来の天然セラミドは人間の細胞間脂質と分子構成がとても似ていので親和性があり、高い保湿力が期待できるのでおすすめ。

また、メラニンの合成を抑えてシミを防ぐはたらきもあるので、アンチエイジング面でも活躍してくれるでしょう。

ほうれい線に効く!効果の高いオススメ化粧品はこちら